flow

施工の流れ

ご依頼いただいてから施工が完了するまでの流れをご紹介します。

① 洗車

コーティング前処理専用シャンプーを使用します。
まず、洗車をしているボディに付着している汚れ(泥、埃、油分など)を除去します。

② 鉄粉除去

塗装に優しく鉄粉の除去が出来る、マジッククレイ(スポンジ粘土バフ)を使用します。

鉄粉や付着物(虫の死骸、油汚れなど)を、この段階で出来る限り除去します。鉄粉が付着していると、塗装表面がザラザラした状態になり、汚れが引っかかりやすく、汚れるスピードが早くなってしまいます。
また、鉄粉は最悪の場合、塗装表面を侵食する恐れがありますので注意が必要です。

③ エアーブロー

エアーブローをして、水分をしっかり飛ばして研磨作業で邪魔な水分を除去します。

④ マスキング

ポリッシャーなどが当たってはいけない箇所にマスキングを施します。

⑤ 研磨作業

ボディの、洗車キズや塗装のくすみ(色ボケ)などをポリッシャーとバフとコンパウンドを切り替えながら、塗装面の状態を新車時のように戻していく作業を行います。
この作業が一番大事で、熟練したプロの経験が要求される、仕上がりを左右する工程です。

⑥ 脱脂

ガラスコーティングの定着を左右する「脂分」の除去作業です。
工程⑤で使用したコンパウンドに含まれる油分の除去などをこの工程で行います。
脱脂シャンプーを使用してパネルとパネルの隙間に入った研磨時に出たコンパウンドの粉や埃を脱脂シャンプーで水を流しながら、隙間も念入りに丁寧に掃除することが大切です。

⑦ 水分の拭き取り

ガラスコーティングの施工に邪魔な水分を拭き取ります。

⑧ ガラスコーティング塗布

ワンパネルごとにガラスコーティングを塗布して、車全体を丁寧に施工します。

⑨ 最終チェック

隙間などから後に水分が出ないように、エアーブローをして水分をしっかり飛ばします。
また、太陽の下などでガラスコーティングの仕上がりをチェックして終了です。